外壁塗装は定期的に~My Houseを外からガード~

塗装

いざという時の備えに

電力

蓄電池を使用することで、深夜などの安い電気を貯めることができます。停電などの際に利用することはもちろんのこと、日常生活の中でも使うことが可能です。性能を把握して適切な価格の蓄電池を選択するとよいです。

詳細を確認する

塗装リフォームの必要性

水に関するトラブルが発生する前に相談しておこう。防水工事は大阪で対応しています。丁寧に作業を進めてくれますよ。

被害を最小限に押さえる

塗装

一戸建てを建ててから7、8年経つと、そろそろ傷みが見えてくる頃と言われています。 中でも特に気をつけたいとされているのが、外壁塗装です。 外壁塗装は家の外観を整えるだけでなく、雨水や風、汚れた大気等の外からの脅威を家の内部に入れないよう守る役目を果たしています。 しかし、外壁塗装にも寿命があり、早いものでは5年ほどで劣化してこの役目を果たせなくなってしまうのです。 注意点としては、小さなヒビや剥がれがある、手で触ると白い粉状のものがつく、日陰や水が流れる場所の苔やカビの発生などが見られたら、外壁塗装の劣化のサインと考えられ、早急なリフォームを計画すべきとされています。 これを放置していると、じわじわと外からの脅威が侵入し、腐食やシロアリの被害などに拡大する可能性が高くなってしまうのです。

塗料の選び方

外壁塗装リフォームをする際、どの塗料を選ぶかによってリフォーム価格や耐久年数に違いがあらわれます。 現在使用されている塗料は、アクリル樹脂・ウレタン樹脂・シリコン樹脂・フッ素樹脂の4種類です。 アクリル樹脂は最も安価とされていますが、その分耐久性はやや低く5年を超えると再塗装が必要とされます。 ウレタン樹脂は標準とされ、現在最も多く使用されている塗料です。 耐久年数は、およそ7年から10年とされています。 シリコン樹脂は塗装面が硬質という特徴があり、丈夫で耐久年数が10年から13年と長いことから、経済的と今最も人気が高いとされる塗料です。 フッ素樹脂はさらに耐久性が高く12年から15年は持つとされていますが、一般住宅より主にマンション等の大型建築物に使用される傾向が強い塗料です。 このように塗料の特徴を比較し、外壁塗装リフォーム計画に合ったものを選択することが大切です。

雨漏りを防ぐには

外壁塗装

東大阪市で外壁塗装を行うのであれば、まずは技術のしっかりとした業者さんを探す必要があります。また、実績やアフターフォロー体制もとても重要ですから、色々とインターネットを利用して調べてから、業者さんを決めるようにしましょう。

詳細を確認する

外壁メンテナンス

塗装

外壁塗装工事を適切な時期に実施することで、家の寿命を伸ばすことができるようになります。埼玉県内で営業している外壁塗装業者はたくさんいますが、できるだけ良い業者に工事を依頼したいと考えているのであれば、複数の業者から工事見積もりを取るようにした方がよいです。

詳細を確認する